老緑

 

老緑は伊勢の港として栄えた鳥羽藩老津(現在の多気郡明和町大淀)において元禄十五年(1702年)に創醸されました。この老津の港には、伊勢物語にも登場する「業平松」と呼ばれる大きな松があり、この生き生きとした松が老緑の名の由来となっています。サラッとしていて海鮮料理と相性が良く、燗で良し、冷でもよしのお酒です。

老緑 1800ml

清酒

内容量:1800ml
アルコール分:15%
原材料名:米・米麹(原料米はすべて国産)、醸造アルコール

老緑 720ml

清酒

内容量:720ml
アルコール分:15%
原材料名:米・米麹(原料米はすべて国産)、醸造アルコール